無垢の家

無垢の家

程良い湿度に保つことで快適な環境へ

木の家の住み心地が良いのは、調湿作用があるからだと言われております。
湿度が高い時には空気中の水分を吸収し、湿度が低い時は逆に水分を放出することで、常に適切な湿度を保つ働きをしています。
この機能は特に高温多湿の夏や乾燥する冬に効果を発揮して、快適な住環境をサポートしています。

木の床で素足に快適さを

帰宅して素足になると、何となくホッとしたような解放感を覚えます。また、足の裏を揉んだり温めたりすることで、気分がリラックスするように、足の裏から伝わる感触や情報は、直接脳に伝達されると言われています。
スギのように比重が軽い木ほど暖かく感じられます。
厚くするほど断熱性は増し、暖かさも増します。また滑りにくいので、お年寄りや小さなお子様のいる場合でも安心です。

バランス良く音を吸収

木は高音・中音・低音をバランス良く吸収し、程良い残響音を残してくれます。
音が聞きやすく、まろやかになるため、最近ではコンサートホールなどでもたくさん木が使用されています。
一般のご家庭でも木のインテリアにすることで、この効果を手に入れられることが可能です。
家族の話し声や音楽なども、心地良く聞こえるはずで、音に対するストレスを和らげてくれます。

カビ・ダニ防止で衛生的に

木のインテリアは、カビやダニの発生も抑えてくれます。
カビの発生原因である室内の湿度を快適にする木は、まさにカビの発生を防止する役目を担ってくれます。
また、ダニは赤ちゃんのいる家庭では大敵です。
不衛生であるばかりか、病気やアレルギーの原因にもなります。
一部の木に含まれている精油成分がダニの抑制効果を持っているため、無垢の木の床にすることでダニの発生を防ぐことができます。

夏涼しく、冬暖かい

日本の気候を考えると、夏は涼しく、冬は暖かい家が理想的です。
木材の持つ断熱性と調湿性を上手く使うことが、住宅の快適空間をつくることに繋がります。
鉄筋コンクリート造住宅は冬は暖かいのですが、夏は外気と同じ室温になってしまいます。
木造住宅は外気温と比較した際に、夏は涼しく冬は暖かくなっているのがわかります。

木材は鉄より火に強い素材です

木材が鉄より火に強いと言ったら「そんなはずはない」と思われるかもしれません。
確かに木材は燃えますし、鉄は燃えません。しかし、木材もある程度の厚さや太さがあれば表面が焦げるだけで、それ以上はなかなか燃えません。鉄は温度が250度になると変形しはじめて、5分もたたないうちに元の強さの半分になってしまいます。
それに対して木材は元の強さの半分になるのには20分もかかります。

無垢の家の施工事例